コンプライアンス指針

東映シーエム(株)の役員及び従業員は、会社が顧客、株主、社員、取引先企業その他全ての関係者の理解と協力のもとに成立していることを確認し、行動の基本原則として下記の通りコンプライアンス指針を定めます。

  1. 消費者を感動させ、楽しませるTV-CMの受注・制作をはじめとした総合的なデジタルコンテンツ制作活動を通じて新たな価値と満足をお客様に提供し、消費者には的確な商品情報を提供することにより、広く社会に貢献致します。
  2. 法律、社会的規範その他のルールを遵守し、内外から批判を受けるような行動はとりません。
  3. 外部との連携を密にし、社会が真に必要としている情報を適時・的確に開示します。
  4. リスク管理に留意し、経理・財務的リスク及びその他の偶発的リスクに対して遺漏のない体制を確立して危機に備えます。
  5. 情報の管理を徹底し、顧客情報、人事情報その他機密に属する情報が不用意に外部に流出しないよう万全の体制を敷きます。
  6. 地域社会との接触に留意し、会社として可能な貢献を行うと同時に環境保全に十分配慮します。
  7. 従業員が働きやすい安全な職場を確保し、個人の尊厳を傷つけるようなハラスメント行為は行いません。
  8. 反社会的勢力との不適切な関係を排し、関係法規の趣旨に反する行為は行いません。
  9. 上記の指針に反する行為があった場合は、社内規則に従って厳重に責任を追及致します。
Pagetop