主な事業紹介


テレビコマーシャル

弊社は、民間放送開局以来、東映動画(現東映アニメーション)のCM制作部門として主にアニメーションを中心としたテレビコマーシャルの制作からスタートしました。
その後、東映動画より分離独立し、昭和44年10月1日テレビコマーシャル制作の専業会社、東映シーエム株式会社が発足しました。
現在では、食品、飲料、薬品、家電、情報・通信、娯楽、スポーツ用品、金融・保険、不動産、出版、陸運、外食、各種サービスなどさまざまな企業様のテレビコマーシャルを年間約150本制作しております。
また、以下にご紹介いたしますようなテレビコマーシャル以外の映像コンテンツの制作にも積極的に取り組んでおります。

※写真は本田技研工業 企業 (1973年作品)

劇場映画

「火天の城」

大阪支社、藤田重樹プロデューサー(現大阪支社長)の劇場映画第2弾。原作は第140回直木賞作家山本兼一の同名の小説『火天の城』(第11回松本清張賞受賞)。日本建築史上、最も壮大にして華麗といわれている安土城。完成から本能寺の変までわずか3年という短い期間しか存在しなかった幻の城を完全実写化。主演は、不可能と思われた築城を可能にした敏腕番匠(大工)岡部又右衛門以言(おかべまたえもんもちとき)役を西田敏行さん。脇を椎名桔平さん、大竹しのぶさん、福田沙紀さんなど実力派俳優が演じ、安土城築城に秘められた感動の人間ドラマが展開します。2009年9月公開。


「化粧師」

映画をやりたい。というクライアントオーナーの一言から始まりました。大阪支社の藤田プロデューサー(現大阪支社長)は企業理念に合う映画企画を探し、ようやく1本の原作に辿りつきます。それは石ノ森章太郎原作の『化粧師』という漫画でした。化粧師役に椎名桔平、菅野美穂 、池脇千鶴 の他、柴咲コウも出演。2002年2月に全国東映系にて公開されました。

「ZOO」

若者に人気の作家乙一の同名の短編小説を5人が監督したオムニバス映画。広告業界でもショートムービーが注目され始めた頃、東映ビデオのプロデューサーとの談話の中からタイミングよく立ち上がってきた企画です。5本中の一作品にCMディレクターを、というお話に弊社からは若手ディレクター小宮雅哲を起用。中でも一番映像化が難しいとされる「SO-far そ・ふぁー」を彼は自分の持ち味を十分に発揮した作品に仕上げました。この作品は2005年3月に劇場公開と共に、Yahoo!とのコラボレートによる映画封切り同時ネット配信といった実験的なチャレンジも試みた作品でもありました。


ドラマ・テレビ番組

「八月の二重奏」

弊社酒井プロデューサーが東映東京撮影所の協力を得て制作した、日本赤十字社献血推進プロモーションのための本格的な広報映画。
南沢奈央が演じる菅原美保さんは、2009年7月に岩手県でイーハトーブ学生赤十字奉仕団を立ち上げた実在の人物で、17歳で急性白血病で亡くなった妹を支え続けた美保さんと家族の感動の物語です。
2010年、東映チャンネルで放送後、全国の献血ルームで上映されました。


「東映チャンネル フィラー」

東映チャンネルは、東映の新作映画、時代劇、任侠、アニメ、特撮ヒーロー、刑事ドラマなどをノーCMで放送しています。
フィラーとは番組間のCMに代わって放送されている映像です。
東映チャンネルのフィラーのHD化を弊社田中ディレクターが担当、太秦映画村を初め東京撮影所・京都撮影所など8ヶ所を題材に31パターンを制作。2012年3月より放送されています。


ビデオプロモーション・DVD

「能の華」DVD

観阿弥生誕680年、世阿弥生誕650年を記念に開催された『風姿花伝 観世宗家展』。それにあわせて製作されたDVD。貴重な観世宗家による能舞台のダイジェスト29作品と宗家伝来の能面、能装束を収録した贅沢な一品。展覧会物販コーナーで販売されるとともに、その映像の一部は展覧会場でも上映されました。

「貯筋運動プラス」DVD

豊富なデータに裏づけされて考案された、道具がなくてもできる筋力トレーニング「貯筋運動」のDVD。加齢にともない、落ちやすい脚とおなかを中心に、今までのいすに座ってできるプログラムと立ってできるプログラムに、新たに畳の上でできるプログラムを追加しました。
自宅でも1人で見ながらできるよう、音楽にあわせて、注意したいポイントの説明や運動するときのかけ声も入っています。
貯筋運動を試してみたい方、購入はコチラから

Pagetop