松下電器産業 ナショナルのあかり おかえりなさい神戸のあかり篇

1995 テレビ広告電通賞
1995年1月17日午前5時46分兵庫県南部地震発生。阪神淡路大震災と呼ばれる大地震は、弊社大阪支社の社員たちにも大きな被害をもたらしました。親戚や家族が傷ついたり亡くしてしまった者、また東京出張で危うく難を免れたものの帰る家が倒壊してしまった者。そんな大阪支社の社員たちが広告主、広告代理店の人と心をこめて制作したCMが見た人の心に暖かい光を灯す作品となりました。演出は市川崑監督。監督とは10年前のナショナル洗濯機愛妻号「単身赴任」篇とこの作品で2度目の広告賞の受賞となりました。

Pagetop